鉛管:一般工業用鉛及び鉛合金管    以下の各項目はJIS H 4311:1993に準拠します

  (1)管の種類及び記号

種 類

記号

成 分

 

参 考

工業用

鉛管1種

PbT-1

鉛が99.9%以上の

鉛管

肉厚が厚く、化学工業用に適する

引張強さ10.5N/mm2

伸びは60%程度

工業用

鉛管2種

PbT-2

鉛が99.60%以上の

鉛管

耐食性が良く加工性に優れ、肉厚が薄く、一般排水用に適する

引張強さ11.7 N/mm2

伸びは55%程度

硬鉛管4種

HPbT4

アンチモンを4%

添加した合金鉛管

鉛合金として、常温から120℃の使用領域においては高強度・高硬度を

示し化学工業用等で高度を必要とする分野への適用が可能

引張強さ25.5 N/mm2

伸びは50%程度

硬鉛管6

HPbT6

アンチモンを6%

添加した合金鉛管

鉛合金として、常温から120℃の使用領域においては高強度・高硬度を

示し化学工業用等で高度を必要とする分野への適用が可能

引張強さ28.5 N/mm2

伸びは50%程度

 

(2)製造方法  管の製造は、押出製管機で行います。

 

(3)標準寸法及び質量 

内 径

mm

工業用鉛管1種

工業用鉛管2種

硬鉛管4種及び6種

肉 厚 mm

1本

長さ

m

肉 厚 mm

1本

長さ

m

HPbT4 HPbT6(  )内寸法

1本

長さ

m

4.5

6.0

8.0

10.0

3.0

4.5

肉 厚 mm

4.5

6.0

8.0

10.0

1mの質量 kg

1mの質量 kg

1mの質量 kg

20

3.9

5.6

10

2.5

 

 

 

 

 

3

25

4.7

6.6

9.4

3.0

4.6(4.6)

30

5.5

7.7

10.8

14.3

3

3.5

7.5(7.4)

40

7.1

9.8

13.7

17.8

4.6

9.6(9.5)

50

8.7

12.0

16.5

21.4

5.7

16.1(15.9)

65

11.1

15.2

20.8

26.7

7.3

20.3(20.0)

75

12.7

17.3

23.7

30.3

8.3

12.7

23.1(22.8)

90

15.1

20.5

27.9

35.6

2

9.9

15.1

34.8(34.3)

100

16.8

22.7

30.8

39.2

11.0

16.8

38.3(37.8)

125

20.8

150

24.8

 (1mの質量は、工業用鉛管1種、2種は密度を11.34g/cm3 、硬鉛4種は11.08 g/cm3 硬鉛6種は10.93 g/cm3 して算出)

(4)化学成分

工業用鉛管1種、2種

種類

記号

化学成分

Pb

Te

Sb

Sn

Cu

Ag

As

Zn

Fe

Bi

工業用鉛管1種

PbT-1

残部

0.0005以下

合計010以下

工業用鉛管2種

PbT-2

残部

0.0150.025

合計040以下

 

硬鉛管4種、6種

種類

記号

化学成分

Pb

Sb

Sn Cu その他の不純物

工業用鉛管1種

HPbT4

残部

3.50 4.50

合計0.40以下

工業用鉛管2種

HPbT6

残部

5.50 6.50